【キャンプ写真の撮り方とコツ Vol.3】カメラは道具、だから使い方を覚えよ!

キャンプ写真の撮り方のコツを2つお伝えしています。
1. 写真は人に見せるもの
2. キャンプ写真は『コト写真』

 

雲海1 (13)

実際に、構図やテクニックの話に移る前にまだやることがあります。今回の記事では、写真を撮る前段階のお話です。思い通りの写真が撮れるようになるためのことをまとめていますので、頑張ってついて来てください。

 

スポンサーリンク

カメラは道具、まずは使いこなそう!

カメラを使いこなしていますか?今のカメラは、色んな機能が付いていますよね。使わない機能があってもいいのですが、その機能で何ができるか、ご存知ですか?

 

カメラはただの道具です。写真を撮るための道具。車と一緒で、運転の仕方を覚えないと縦列駐車ができないように、カメラの使い方を覚えないと自分の思い通りの写真は撮れません。

 

110 (6)

車と違う点は、カメラはシャッターを切れば、簡単に目的(写真を撮る)が達成できること。ただしカメラ任せの写真です。それが、いまいちな写真に感じる原因なのですが。

 

取扱説明書を読もう!

取扱説明書

嫌がられること間違いなしですが、取扱説明書を読んでください!使い方を頭に叩き込みましょう。よく分からないから、この機能は使わないのではなく、全て把握した上で、必要のない機能は使わなければいいのです。

 

ガイド

文字ばっかりで苦手という方は、写真が多い市販のガイドでも構いませんよ!私は電子化して、いつでもスマホで読めるようにしています。

 

ユーザーガイド

スマホのカメラも同じです。ユーザーガイドを読んでください。iphoneならDLして読めます。

 

湖SUP

ね、スマホでも撮れますよ!iphone7plusで撮ったキャンプ(SUP)の写真。

 

まとめ

とても基本的なことですが、写真を上手く撮るためには、操作方法を覚えることが重要です。そのためにも、最低限、取扱説明書は読むようにしてください。

コメント