【冬キャンプの悩み】寝る時は、厚着・重ね着しすぎない

猪苗代3 (3)

冬キャンプで寒くて眠れなかった経験はありませんか?

この記事では、就寝時の服装について少し詳しくお話します。冬キャンプを予定している方や、寒がりさんは、ぜひ参考にしてください。

 

冬キャンプの就寝時に使っているものを紹介しています。

 

スポンサーリンク

冬キャンプで質の高い睡眠をとるための服装とは?

ミューとココモ (2)

体験したことがない寒さの中、本当に眠れるのか不安になりますよね。良かれと思って何枚も重ね着をしても、暖かくなるどころか、逆効果になることもあるんです。

冬キャンプでは、暖かくすることを前提に、質の高い睡眠を取ることを考えてみませんか?そのための服装の条件が2つあります。

 

寝返りがしやすいこと

ストレッチが効いたシュラフでも、家の布団と比べれば、体は動かしにくいもの。やみくもに厚着や重ね着をしても、上手く寝返りが打てず、体の疲れは取れません。寝たはずなのに、なんだかすっきりせず、日中に眠気を感じてしまうことも。寝返りのしやすい服装で寝るようにしましょう。

 

寝汗がかきやすいこと

間違った厚着や重ね着は、汗がかけず体に熱がこもって寝苦しい、逆にインナーが吸収した汗が乾かず、体が冷えることがあります。寝汗をかきやすく、汗が乾きやすいインナーがおすすめです。

 

私の寝る時の服装

上半身:長袖インナー(メリノウール100%)+インナーダウンジャケット

ウール

長袖のメリノウールのインナーに、フードなしの薄手のダウンジャケットを着て寝ています。

もっと寒い時はパーカー(ウール混)をダウンの中に仕込みます。ただ、パーカーを着ると、首元がもたつき、寝返りがしにくいので、本当に寒い時しか着用しません。

 

下半身:発熱タイツ(ウール混)+ダウンパンツ

 

ダウンパンツ

下は、アウトドア用のロングタイツにダウンパンツを履いて寝ています。タイツに関しては、好みのメリノウール100%のタイツに出会えず、ウール混のタイツで妥協中です。

 

足元:素足、または、ダウンソックス

テントシューズ

基本的には素足です。靴下(メリノウール混)を履いてシュラフにもぐり、しばらくして脱ぎます。靴下を履いて寝ると、血流が悪くなり、足が冷えるので。すごく寒い時は、ダウンソックスを履くのもおすすめ。もちろん素足です!

 

私のおすすすめ靴下はダーンタフです。メリノウールが使われていて、季節関係なく1年中履けるんです!

 

ベストな組み合わせは、ウール+ダウン

ウールインナーのいいところは、保温性だけでなく、汗を吸収・発散させ、汗冷えしません。その上に着るダウンジャケット・パンツで暖かい空気を受け止め、層を作ってくれます。

 

冬キャンプの就寝時にしてしまいがちな厚着や重ね着は、本当に適切でしょうか?過剰な厚着・重ね着は、睡眠の質の低下を招きます。レイヤリングの基本を知り、正しい重ね着をすることが大切です。

レイヤリングシステム(モンベル)
スポンサーリンク

 

ダウンウェアを買う時の注意点

ダウンジャケット

ダウンウェアは、大きめのものを買うと、体とウェアの間に隙間ができ、保温性が下がります。

ダウンウェアを購入する場合は、絶対に試着してください。普段のサイズの前後、合わせて3サイズを着比べましょう。メーカーやデザインによって、大きさが全然違います。サイズ選びから、寒さ対策は始まっているのです!

 

どうしても頭が寒い時

シュラフカバー

シュラフをすっぽり被っても頭が寒くて辛いのなら、フード付きのダウンジャケットを着て、フードをかぶって寝ましょう。ミノ虫スタイルがおすすめ!

 

寝具を工夫すること

Exped

我が家は、電源なし、薪ストーブなし、石油ストーブは消してから寝ています。-15℃の中で、快適に寝るためには、服装だけでなく、寝具を工夫することも必要です。

 

以前の記事で寝具を紹介しましたので、こちらを参考にしてください。

 

自宅で使っている毛布を使う場合

塩原1 (6)

自宅から毛布を持って行く方もいるでしょう。毛布はシュラフの上にかける、またはシュラフの下に敷きましょう。

 

肌触りが気持ちいからといって、毛布をダウンシュラフの中に入れてしまうと、ダウンの保温力が落ちてしまいます。

Twitterで話題沸騰中!毛布の使い方で変わる、布団のあったか度 | ねむりラボ
ねむりラボ
スポンサーリンク

 

薄着にチャレンジ、寒さに強くなろう!

冬の坂戸山

私は暑いのが苦手、寒いのは平気。そのため普段から薄着です。そんな薄着で暑がりな私は、友人からは「こっちが寒くなる!」と言われ、家族からは「皮膚がバカになっている」と呆れられています。

 

スノーシュー わんこ

寒がりな友人や家族と比べると、普段から薄着で過ごしていること、平熱が37度前後あることが、寒さに強い秘訣なのでは?と、密かに思っているのです。

平熱が低い人は、体質改善してみてはいかがでしょう。運動をして筋肉を付けたり、生活習慣や食事を変えたりしてみてください。風邪も引きにくくなります。

 

横岳

寒いからといって普段から厚着で過ごしていたら、キャンプではもっと寒く感じると思います。家の中から薄着にチャレンジして、寒さに強くなりましょう!

 

まとめ

空2 (5)

冬キャンプの就寝時は、過剰な厚着・重ね着はやめましょう。良質な睡眠を取るためには、薄手かつ防寒性のある服装が最適です。

この機会に、冬キャンプで寝る時の服装を見直してみませんか?

 

にほんブログ村 アウトドアブログ 犬連れ・猫連れキャンプへ
にほんブログ村

コメント