【寒さ対策】 冬キャンプを楽しむ3つのコツ(電源なしの場合)

冬キャンプ

冬のこの時期、キャンプ場で話しかけられることがあります。聞かれることは、主に冬キャンプの寒さ対策について。その時に答えている内容をまとめたいと思います。

 

写真の撮影地はここ。

 

スポンサーリンク

我が家の冬のキャンプスタイル

北軽2 (3)

キャンプ歴11年。(2018年9月現在)年間の平均宿泊数は約25泊。通年でキャンプを楽しむ私たちの冬キャンプのコツは大きく3つ。

ただし、今までに一度も電源を使ったことがないので、3つのコツは電源なしの場合です。

 

 シュラフが重要

ny-holiday3-(3)

冬キャンプで一番辛いのは、寒くて寝られないことですよね。夏用のシュラフや毛布を何枚も重ねて使うより、ちゃんとした冬用のダウンシュラフを用意しましょう。我が家は、マイナス15度の夜、ストーブを消して、電源なしサイトでも快適に寝ています。

 

nasu snow4

お金をかけるべきところは、テントではなくシュラフ。我が家は、湯たんぽは持っていません。荷物が増えることは極力避けたいと考えています。

 

冬に使うシュラフについて、まとめています。

 

 

 アウトドアメーカーのウェアを着る

ガーンジィ (6)

冬は基本的にアウトドアメーカーのウェアを着るようにしています。アンダーウェアも同じく、アウトドアメーカーのものを。

寝る時は薄手のダウンジャケットとダウンパンツを着用します。ファストファッション系インナーやダウンを山で着てもあまり暖かくないです。街用はあくまでも街用です。

スキー/ボードウェアをキャンプで着ても、着膨れしてテントの中で動きにくい上に、思ったほど暖かくありません。あれは動いている時に着るためのもの。動かない冬キャンプには向いてません。

 

冬キャンプの時に着るウェアについて、まとめています。

スポンサーリンク

 

大き過ぎるテントは使わない

北軽2 (1)

薪ストーブは持っていません。少しでも早く撤収して遊びに行きたい私たちは、片付けの手間がかかるものは避けたいと思っています。キャンプに何を求めるかで、持ち物は変わります。

 

北軽2 (2)

そんな我が家の暖房器具はフジカ1つだけ。すごく寒い時は武井君も出動しますが、Wで使うことは滅多にありません。室内が広く、天井が高いテントの中をフジカ1つで暖めるのは大変。ほどほどの大きさのテントなら、あっという間に暖かくなります。

 

粉雪 (2)

狭くて嫌と思われるかもしれませんが、我が家はキャンプなら狭くてもOKいいという考え。荷物は使うものだけを厳選して持っていく。キャンプで不便を楽しむようにしています。

 

使用テント:スノーピーク/ドックグドームPro.6

nyholiday (8)

うちが使っているほどほどの大きさのテントの紹介をします。真冬に使うテントは、spのドックドーム Pro.6。

 

ny holiday4 (11)

物を厳選すれば、中は広々。

 

スノーピーク(snow peak) テント ドックドームPro.6 SD-506 [6人用]
スノーピーク(snow peak)
●材質:フライシート/75Dポリエステルタフタ・PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム・テフロン撥水加工・UVカット加工、インナーウォール/75Dポリエステルリップストップ、ボトム/300Dポリエステルオックス・PUコーティング耐水圧10,000mmミニマム、フレーム/ジュラルミンA7001(φ11mm)

 

使用テント:Bergans/ Wiglo LT4

nasu snow (8)

次に使うテントは、 ノルウェー生まれのBergansの Wiglo LT4。

 

nasu snow (7)

中心にポールがあって、ちょっと邪魔かもしれませんが、私たちにとっては十分な広さ。コットを使わなければ、広く感じます。

 

ノルウェー生まれのベルガンス、ウィグロ―LT4について、私目線で紹介しています。

 

 

使用テント:シロクマ君!ノルディスク/ユドゥン

北軽井沢冬キャンプ

ノルディスクのユドゥンも冬に使います。

 

北軽井沢冬キャンプ

ノルディスクといえば、薪ストーブみたいなイメージがありますが、ユドゥンは小さいので、石油ストーブがおすすめ。2人+2わんこ+フジカでジャストサイズです。

 

ノルディスクに使っている石油ストーブについて、まとめています。

 

 

使用テント:スノーピーク/ランドブリース3(廃盤)

北軽 (7)

あまり出番はないけど、春先だとランブリ3LX(廃盤)を使います。

 

冬キャンプに使うテントについて、アウトドアメディアhinataに記事を掲載しています。

【お知らせ/記事掲載】【購入前の参考に!】我が家が雪中キャンプで使うテントと選び方のポイント
キャンプ・アウトドア情報メディアhinataに雪中キャンプで使うテントの選び方の記事を掲載して頂きました。私が書いた記事は、こちらから。 一般的に、冬用or雪中用のテント選びの記事は、大きさや機能などスペック重...
スポンサーリンク

まとめ

いつものキャンプ (11)

寒さ対策をしっかりすれば、キャンプは冬が一番、そう思えるようになります。

 

1. シュラフが重要
2. アウトドアメーカーのウェアを着る
3. 大き過ぎるテントは使わない

 

以上、この3つが私たちの冬キャンプ(電源なし)の寒さ対策のコツでした。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ 犬連れ・猫連れキャンプへ
にほんブログ村

コメント