【冬キャンプ】ユドゥンの中で使う石油ストーブ

冬キャンプノルディスクユドゥン

先月下旬辺りから、この3つがブログの検索ワードの上位に見かけるようになりました。冬キャンプを予定して、私のブログに遊びに来てくれるのでしょうか。

 

検索ワード:冬キャンプ ユドゥン 電源なし

 

だけど、電源なしのキャンプは不安なのかな。今回は、この3つのワードに関連して、冬キャンプのユドゥンとストーブについてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

我が家の冬のキャンプスタイル

冬キャンプ

繰り返しになりますが、過去に一度も電源を使ったことがありません。マイナス15度の北軽井沢や朝霧高原でも、石油ストーブのみでキャンプをしてきました。(薪ストーブの導入予定は今のところありません。)

 

景観重視のサイト選び

内山牧場キャンプ場

電源を使わない一番の理由は、景観を重視したサイト選びのためです。電源付きサイトの縛りがなくなれば、好きな場所に好きなように設営が可能となります。

 

使っているストーブは2種類

武井バーナーのパープルストーブ301

武井バーナー

次は暖の取り方について。キャンプでは石油ストーブを2つ使い分けています。どちらもキャンプを始めた頃に買ったもの。1つは武井バーナーのパープルストーブ301、通称武井くん。

武井くんは癖のある男。扱いが少し難しく、私は彼を点火させることができません。

 

武井バーナー

でも、彼にだっていいところはあります。コンパクト、風に強い、パワフル。屋外での使用に強いので、タープの下で暖を取りたい春秋に持っていくことが多いです。

 

フジカハイペット

フジカハイペットキャンプ

もう1つはフジカハイペット、通称フジカちゃん。家庭用の石油ストーブと同じ感覚で使えるところが最大のポイント。

ただし、今のフジカはどうか分かりませんが、うちのフジカちゃんは風に弱い。テントの中で使うのが最適。(もちろん自己責任で)

 

フジカハイペットキャンプ

ユドゥンには私も扱えるフジカちゃんを使っています。

 

フジカハイペットキャンプ

床面積5.5平米のユドゥン。約3.5畳。大人2人と小型犬2匹なら安全に使えます。

 

フジカハイペットキャンプ

ユドゥンの中で彼女は大活躍。常にやかんや鍋を置いています。食器を洗ったり、洗顔用のお湯を作るためです。鍋料理を温めたり、お餅やパンを焼いたりと、調理にも使えて便利。

 

犬キャンプ

そして、寝る時はフジカちゃんを必ず消します。付けっぱなしにはしません。ふかふかのダウンシュラフがあれば寝る時も寒くはありません。

 

寝る時はフジカを消してましょう!

 

テントの換気

ノルディスクユドゥン

最後は気になる換気のこと。雑誌が入っている小物ポケットの隣にカーテン式の小窓があり、ここから時々空気を入れ替えます。

 

ノルディスクユドゥン

入口も時々開けて気を付けています。

 

まとめ

ノルディスクユドゥン

ユドゥンにコンパクトな石油ストーブ1つ。これで冬キャンプはあなたのもの♪もうホットカーペットも電気毛布も電気ストーブも要りません。この冬、キャンプに出掛けてみませんか?

 

にほんブログ村 アウトドアブログ 犬連れ・猫連れキャンプへ
にほんブログ村

 

301の燃焼時間は5時間。501は10時間。あえて301を使う理由は、必ずしも大は小を兼ねないから。0時間使いたいなら、途中で1回給油すればいいだけ。501は燃料タンクが大きくなる分、重いし、嵩張る。コンパクト性を重視するなら301、給油回数を減らしたい人は501。

コメント