【場所の特定】素敵な写真を見て「ここはどこ?」って思ったら

私は関東地方(長野県・福島県も)なら行ったことがない場所でも、写真を見ればだいたいの場所が推測できる。これは私の特技。

ネットで見つけた素敵な写真。どこなんだろう?って思うこと、ありませんか?今日ばどうやって検索するか、やり方を教えるね。参考にしてみて。

Googleレンズ

建築物が写り込んでいたら、Googleレンズで画像検索してみて。だいたいヒットするよね。定番の検索方法。

Google レンズ - 目の前にあるものを調べる
Google レンズアプリを使用すると、自分の周りの世界を探索できるようになります。スマートフォンのカメラを使用して、まったく新しい方法で目の前にあるものを調べましょう。

Googleマップでキーワード検索

何となくエリア分かったら、Googleマップで口コミや画像をチェックしてみて。例えば「イタリアン わんこ テラス席」とか。簡単にヒットするよ。

Googpleマップのストリートビュー

書くほどでもないけど、ストリートビューの機能も使ってね。

食べログ

何となく場所と食べ物のジャンルが分かる場合は、画像チェックをする。その際、見るべきポイント。それは写真に写っている料理だけでなく、その背景も。

例えば、この写真で横須賀エリアでイタリアンという情報が分かっていたら、丸テーブル、白い皿、犬OK、テラス席がヒントだよね。

・料理の盛り付け
・お皿のデザイン
・店内のインテリア
・窓からの景色

方角を導き出す

ここからは少し高度なテク。建物や料理が写っていない場合は少し知識を身につけよう。誰でもできるようになるから。まずは日中の写真なら影の出方を見よう。おおよその時間帯と季節でどの方角から撮影したのか分かるよね。空の色の濃さ、光の色でも分かる。カメラの知識があれば、これは簡単なこと。

見附島キャンプ朝 (1)

砂の大きさ、ゴミの種類を見ることが多いかな。特に日本海側は大陸から流れてくるゴミが多い。ゴミに書かれている言語で判別しよう。岩の形は分かりやすいヒントにもなる。

この写真は見附島。特徴的過ぎて、見たらすぐに分かる。もし見るべきポイントがあるのならば、島の左端に鳥居がある。

川の流れ、河原の石の大きさで、その川が上流、中流、下流なのか、判別可能。

この写真なら、埼玉県の川になるんだけど、川沿いでキャンプができるところ。岩は少し大きめだけど、流れはゆるやか。こうやってヒントを探していくよ。

シンボリックな山はすぐ分かるよね。富士山は定番だけど、その他の高い山だって分かりやすい。山のシルエットを頭に入れておくといいよ。

この写真は岐阜県。手前にダムがあり、ほとりに温泉が湧き出ている。手前が薄っすら紅葉して、奥は冠雪。もう白山しか考えられない。

植物

丸沼3 (1)

植物を見たら、標高や緯度、エリアが分かる。自然の中で見かける植物の知識を身につけよう。最近は草木を見分けるアプリがあるから、それをスマホにインストールしてもいいね。

写真はダケカンバ。これは標高が高いところに生えている木。白樺より高い場所に生えているよね。かなり初歩的な例えでごめんね。

峠からのハイキングコース

サルオガセを見つけたら、空気が綺麗で人里離れた場所って推測できる。

石や岩、地層

少し特徴的なものかが写り込んでいたら、何となく、その場所が分かることもある。この本は私のお気に入り。地質学についての簡単な知識を身につけておくと便利だよ。

まとめ

こんな感じで、ネットで見つけた素敵な場所は私はすぐに探し出せる。過去の私のブログは場所がリンクされていないところがあるので、コメントで聞いてね。昔はリンクしたり、しなかったりで、いい加減だった。別に隠している訳でもなく、前後の写真と文章を読めば分かるから、場所は書かなくてもいいっか!って適当だった!

コメントをどうぞ!