【大野・坂井/福井】天空の城 越前大野城、禅の里 永平寺とアスレチックジムみたいな丸岡城を訪ねる旅 Vo.2(深山幽谷にたたずむ永平寺)

大野城の朝ハイキングのあとは、永平寺にやってきました。

入り口から素敵なお花。

傘松閣の天井画。

圧巻!230枚あるそうです。144人の画家さんが書いたんだとか!!

山の斜面に沿った階段状の回廊。毎朝掃除をされているそうで、塵一つ落ちていません。

仏殿を横から。現在、過去、未来の仏が祀られているそうです。

仏殿の正面から。

中からの景色。

もっとも神聖な場所とされている承陽殿の前にある香炉(正式な呼び方が分かりません)。

ここを覗くと、線香がジグザグに。どれくらいで燃え尽きるのだろう。

中雀門です。

年季が入った木板。これを使って、日課の合図をされていらっしゃるのでしょう。

永平寺最古の建物、山門。釘は1本も使われず、木組みのみで建てられているそうです。

30年ぶりぐらいに永平寺に来ましたが、小学生の頃に来た記憶は全くなくなっていたので、初めて来たみたいに新鮮でした。とにかく、どこもかしこも、綺麗に掃除がされていて、気持ちのよい場所でした。良かったら、お手洗いも行ってみてくださいね。決して新しくはないですけど、清潔そのものでした。

お昼はトンカツ。観光客向けではなく、地元民で賑わう気軽なお店です。なので、福井名物のソースカツ丼ではなく、普通のトンカツにしました。結構おいしくて、近所にあったら便利そうなお店でした。

天膳本店 (観音町/かつ丼・かつ重)
★★★☆☆3.30 ■予算(夜):¥1,000~¥1,999

コメントをどうぞ!