夏のおいしい山形キャンプたび Vol.1

7月の3連休は、山形へ行ってきました。
蔵王キャンプ1
にほんブログ村 アウトドアブログ 犬連れ・猫連れキャンプへ
にほんブログ村


7月の3連休、水辺のキャンプ場はどこも混む。
本当はカヤックやSUPをしたいけど、それよりキャンプ場の混雑が嫌。
中禅寺湖や富士五湖は激混み! 難民村状態。
最近は7月の連休は、あえて遊び道具(カヤックとか)は置いていくようになりました。

キャンプ場の予約はしない派です。
行き先は常にフレキシブル♪
お天気と気分で決めています。

いつものように、行き先を直前まで悩みました。
というか、首都高に乗ってからも悩んだ。
長野にするか、山形にするか。
方向が違い過ぎるけど、山形行きに決定。半年ぶり。

今回のキャンプのテーマは、グルメを楽しむこと。
(いつも、キャンプにテーマや目的を持つようにしています。)
賞味期限が超短いレアなご当地和菓子から、
幻のフルーツ、定番の山形グルメなど、
あれこれいっぱい食べてきました☆

夜中の2時半に出発。
途中で仮眠しつつ、目指したのは山形県の南東部にある南陽市の赤湯。
赤湯は温泉で有名ですね。温泉好きなら、知っているはず。
福島飯坂ICから下道で1時間。
田中屋さんのあんびんを買うため。
早朝7時から営業していて、私たちは8時に到着。
次々と途切れることなく、お客さんが来る。
田中屋あんびん

予約しなかったから、買えないかと思ったけど、無事に買えました。
この包み紙が可愛い。ほっこりする。
田中屋あんびん (1)

あんびんとは、大福のこと。
以前、もう1人さんが出張の時に、田中屋さんで買ってきてくれたんだけど、
午前中までに食べないと、どんどん硬くなってしまう。
私は夜に食べたけど、すでに硬くなり始めていた・・・
一応、賞味期限は当日中です。
お店側からは午前中に食べてと言われます。
田中屋あんびん (2)

だから、買ってすぐに食べるのが一番美味しい。
出来立ては温かい。
なめらかなで、すべすべな手触り。よく伸びる餅皮。
中は少し甘めの粒あん。餅皮と一緒になると、口の中でちょうどいい甘さ。
絶品。感動の美味しさ。

あんびんは、その場でしか食べられないレア感がたまらない。
徹夜で頑張って来た甲斐がありました。
田中屋あんびん (3)

あんびんを食べたのは車の中。
田中屋さんの裏山、烏帽子山公園で休憩を兼ねながら。
烏帽子山公園 (4)

わんこと朝のオサンポへ。
継ぎ目のない石造りの大鳥居は、日本で一番大きいんだとか。
烏帽子山公園 (3)

赤湯の町。次来る時は温泉に入りたいな。
烏帽子山公園 (2)

さくら名所100選にも選ばれている公園だけど、
もみじがいっぱいで、紅葉の季節もキレイに違いない。
烏帽子山公園 (1)

10時頃、公園から下りてきた時には、田中屋に売り切れの看板が!
(あんびんしか売ってないから、売り切れ次第閉店します。)
ちょっと遅かったら、買えなかった。あぶない、危ない。
350km走って、買えなかったなんて悲しいから。

赤湯から車で1時間、蔵王へ。
今回は、ツインピルツを張ります。
キャンプ場オガワツインピルツ (1)

傾斜地が多くて、寝室スペースだけでも平らなところを探し、
まずはインナーを立てて、フライを被せる。
キャンプ場オガワツインピルツ (2)

ミューは、車のそばで待機。
キャンプわんこ犬ミューとココモ (1)

ココモは日陰。
キャンプわんこ犬ミューとココモ (2)
にほんブログ村 アウトドアブログ 犬連れ・猫連れキャンプへ
にほんブログ村

前回のキャンプは、霧と雨の中。

コメント