雪ひらり山寺と山形蔵王温泉たび Vol.2

2日目。
朝、部屋からの眺め。夜の間に少しだけ雪が積もりました。、とても綺麗でした。
ただ、今シーズンも確実に雪不足ですね。かなり雪が少ない。
蔵王温泉スキー場
にほんブログ村 アウトドアブログ 犬連れ・猫連れキャンプへ
にほんブログ村


まずは朝風呂。
小さなお風呂なので、誰もいないタイミングを狙って入浴します。譲り合いの精神!?
ちゃんと源泉掛け流し。床は畳敷きで、ひんやりしなくて助かります。
蔵王2 (6)

次は朝の散歩。
蔵王2 (2)

宿の外観。ペンションみたいでしょ。元々は企業の保養所だったそうです。
蔵王2 (3)

だけど、中身やサービスは旅館。
温泉街のメインストリートにあった旅館(建物の老朽化により)が移転して開業されたんだとか。
蔵王2 (5)

ザ旅館の朝ごはん。
ビュッフェは取りに行くのが面倒くさい&常に誰かがウロウロして落ち着かない雰囲気が苦手。
だから、私はこういう朝ごはんが好き。ゆったりした気分で、静かに食事ができますよね。
蔵王2 (4)

さて、山寺へ向けて出発。
その前に、山形市の中心にあるスイーツなお店でお土産やおやつの買い出し。
本当はわたぼうしさんであんびん(大福)を買いたかったの。でも、目の前で売り切れ。朝10時半なのに。
(赤湯温泉の田中屋のあんびんを食べて、山形のあんびんの虜になったんです。)
お隣のまめやさんで富貴豆をお土産に。山形へ来たら、絶対買いたかったんです。
東京でも百貨店で買えるんだけど、不定期で入荷しているから、タイミングが難しい。
ちなみに、わたぼうしの近くには、餅の星野屋と榮玉堂があります。
榮玉堂さんでは生どらを買いました。写真は撮り忘れたけど、かなり甘め。
皮はパンケーキっぽく、ふわふわ。軽くて食べやすい。だけど、甘い・・・餡も生クリームも甘い。
私には甘過ぎたけど、山形の人は超甘党なのかしら。寒い地域のお菓子って甘め率が高いから。
甘さを抑えてくれたら、洋菓子っぽいどら焼きになって絶対に美味しいと思うんだけどな。
蔵王2 (7)

スイーツを手に入れ、山寺へ出発。
にほんブログ村 アウトドアブログ 犬連れ・猫連れキャンプへ
にほんブログ村

旅行から帰ってきて、自宅で食べた際の富貴豆の写真。(冬は5日ほど日持ちします。)
甘納豆とは全然違います。青えんどう豆がグレードアップして、上品なお豆になってるんです。
甘さは控えめで、ホイホイって食べられちゃう。とても美味しい。
まめや

料理教室で富貴豆を使ったアレンジスイーツを作ったことがあります。
その時に富貴豆のことを知りました。たぶん、その時は山田家さんのものを使っていたと思います。
たまに、銀座と日本橋の三越で売ってるのを見かけますね。

楽天トラベルで予約しました。

コメント