ちょっと秋色の八ヶ岳 No.1

まぁるい瞳のぷりん。
ぷりん


私にとってファーストドッグ。私の家族にとってもファーストドッグ。
11月で13歳になります。でも、小さな体とこの可愛いお顔。今も子犬に間違われます♪
ヨーキー好きなら、一目で高齢犬って分かるんだけど、普通の人は分からないみたい。

そんな小さな可愛いぷりんと初めての1泊2日(9/26-27)の旅。
ひと昔前の田舎のわんこなので、犬と旅行という考えが私たちの中にはありませんでした。
が、今回、ぷりんに優しい八ヶ岳の旅を、犬連れの旅に慣れてきた私が企画してみました。

母と妹のリクエストに答えて、この森へ。お盆にも行ったばっかり。
森

階段や段差がある場所は、脱臼しやすいぷりんの足に負担になるので、抱っこをしますが、
平らなところは、頑張って、トコトコと歩きます。そんな後姿がたまらなく可愛い。
ぷりん

もののけ姫みたいなだね~って散策しました。たぶん、もののけ姫の「コダマ」が住んでいそうな森ってことなんだと思います。
森

マイナスイオンを浴びたいというリクエストに答えて、乙女の滝へ。
ここは階段が多いので、ぷりんはずっと抱っこ。抱っこしても苦にならない2.5kg。
というか、ずっと抱っこしていたい2.5kgなのです。ヨーキーって軽い♪
滝

美味しい蕎麦を堪能。
蕎麦

農場にも行きたい!ってことだったので、八ヶ岳を見渡せるいつもの農場へ。
農場

野菜やら牛乳やら、色々と買い込む母と妹。楽しんでいた模様。
私とぷりんは芝生でお散歩。
ぷりん

カフェで一息。もちろん、ぷりんも一緒。
こんなに長い時間、ぷりんと外で一緒に過ごすのは久しぶり。
ぷりん

特等席でおしゃべり。ちなみに、母と妹と私の話題はいつもぷりんのことばかり。
どこがどんな風に可愛いのかをそれぞれが話します。
さっきすれ違ったヨーキーよりぷりんの方が顔が可愛いとか、目が大きいとか。
お水を飲んだとか、うとうとしたとか、おしっこをしたとか、どーでもいいことばかりだけど。
で、結局、「ぷりんはヨーキーの中で一番可愛い」という不思議な結論に至りますが、
反対者はおらず、全員一致で納得するのです。
とにかく溺愛しているのです、私たち。かなり、異常なまでに、親バカです。
ミューたちのことだと、冷静な目で見ることができるんですけど、ぷりんだとそうはいかないのよね。
カフェ

こうして、ぷりんと一緒に楽しい1日目を過ごしたのでした。
紅葉

コメント

  1. きんじ より:

    素敵な旅!
    ぷりんちゃん、13歳には見えないですね!!
    優しい空気が伝わってきました(^^)

  2. yumi より:

    ホント、優しい時間を感じます。
    ぷりんちゃん、お目目クリクリでかわい~っ♪
    親ばか、ばんざ~い☆ですね、笑。

  3. あいパパ より:

    ぷ ぷりんちゃん・・・かわいい・・・
    (ウチの猫と同じ名前です)

    しかしほんと13歳には見えないですね~
    仔犬みたい^^

    八ヶ岳かっこいい・・・もののけ姫の森も神秘的で素敵です!

    桧原湖も拝見しました~。
    気になる湖がひとつ増えましたよ(笑)

  4. きんじさんへ より:

    昔に比べると毛の量も減ったし、背中も曲がってるし、
    体力も衰えているんですけど、顔だけ見れば子犬みたいなんです♪
    このまま元気で長生きしてくれるといいなっていつも思ってます。

  5. yumiさんへ より:

    親バカ、ばんざいです。
    トイプーとかも、可愛い系だから、いつまでも子犬に間違えられるんじゃないですか?

  6. あいぱぱさんへ より:

    猫ちゃんと同じ名前なんですね。
    茶色の毛並みなのかなぁ?
    ぷりんは、赤ちゃんの時、もっと茶色だったんですよ。
    黒い部分もあったりと、今とは全然違う毛色でした。

    桧原湖、いいですよ。
    エンジン付きと遊覧船を避けなきゃいけないけど、
    キャンプ場もいい感じだったし、
    小さな島がいっぱいで、とっても楽しかったです。