冬の里山 絶景の天空スノートレッキング Vol.1

冬の坂戸山

冬の里山はまるで2,000m級(な気分)。尾根を歩き、天空を目指しました。

スノーシューがしたいというもう1人さん。私の頭の中にある行きたい場所リストから、ピックアップした場所は六日町の坂戸山。

 

坂戸山は、地元の方から愛される山として有名で、トレランの練習コースでもあります。1日に2回登る人、年間100~300回登る人もいるようです。

道中でたくさんの地元の方を見かけました。みなさん慣れた感じで、雪なんて関係なく駆け足で登っていきます。高齢の方もかなりいました。

冬の坂戸山

ちょっと歩けば汗ばむほどの気温(0度ぐらい)で、いいお天気。

冬の坂戸山

スタートは鳥坂神社から。

冬の坂戸山

長靴の人も多かったですが、かんじきやアイゼンを持っている人も見かけたので、私たちはスノーシューを持って登りました。

 

冬の坂戸山

登り始めてすぐ鳥居に着きます。

冬の坂戸山

すでにいい眺め。奥は湯沢の辺り。

冬の坂戸山

御居間屋敷の案内を通り過ぎます。積雪はこの辺りだと100cmってところでしょうか。

冬の坂戸山

少しずつ斜面がきつくなっていきます。

冬の坂戸山

四駆のわんこは軽々と登っていきます。

冬の坂戸山

町が小さくなってきた。

冬の坂戸山

運動不足のもう1人さん、この辺りから疲れ始めています。

冬の坂戸山

誰かが作った雪だるま。

ゆき (12)

ここからは私が2匹のリードを持って、先頭を歩きます。

冬の坂戸山

なぜなら、この方、バテ始めちゃってるから。

ゆき (14)

この景色も絶景!!息が上がるけど、登りはそんなに辛くない私。

冬の坂戸山

頂上は写真左端の一番高いところ。ずっと尾根を歩いていきます。

ゆき (16)

ミューは始終楽しそうに歩いていました。

ゆき (24)

ココモは淡々と前を歩いています。

冬の坂戸山

6合目に来た。

冬の坂戸山

下山者とすれ違う度に「わんちゃん、頑張って」と励まされ、とてもありがたいです。
だけど、本当に励まして頂きたかったのは、飼い主の方です。

 

冬の坂戸山

ここは、初級者向けの山。あまりに辛そうだったので、下山しようかと声をかけてみましたが、60代70代の登山者が勢いよく登っていくのを見て、悔しかったのか、無言で歩き続けます。普段からちゃんと運動しよう。

冬の坂戸山

あと少し。

冬の坂戸山

足跡から見て、ノウサギかな。

冬の坂戸山

この景色。感動する私。一方、無反応な人。余裕なし。

冬の坂戸山

9.5合目辺りがちょっとだけ怖いところがあります。元鎖場に階段が掛けられていました。雪が積もっているその階段を登り、次に岩をよじ登ります。(よじ登るのは雪のある時だけかもしれない。)

足場が狭く、滑落したらどうしようって怖かったです。ミューたちは補助して歩かせました。大型犬は少し大変かも。

冬の坂戸山

山頂神社に到着。さぁ絶景が待ってるよ。

にほんブログ村 アウトドアブログ 犬連れ・猫連れキャンプへ
にほんブログ村

コメント