洗濯王子のアイロン講座

アイロンが苦手でした。
だから、わざわざ苦手なことは無理せず、毎日を気持ちよく過ごすためにも、
ワイシャツはアウトソーシング(クリーニングに出す)していました。
でも、お掃除と同じように苦手なのではなく、正しいやり方を知らないだけかも・・・と思い、
洗濯王子こと洗濯アドバイザーの中村祐一先生のアイロン講座BASICに参加してきました。
アイロン (2)


結論から言うと、私はアイロンは苦手ではなく、正しい手順を知らず、適した道具を使っていなかっただけでした。
掃除もそうだけど、アイロンも学校で習った記憶はないし、家でお手伝いを通して自然と身につくものかもしれないけど、
アイロン好きな母がそばにいたってのに、私は何も身に付けなかったんですよね。母は上手だけど自己流ですし。
アイロン (3)

先生がおすすめしてくださったアイロンとアイロン台を早速購入しました。
T-falのスチームがトリガー式のタイプがいいそうです。アイロン好きな母もやっぱりT-falがいいとのこと。
なんだ、知ってたなら、もっと早く教えてよってイラっとしましたが、もう、全然、違います。
スチームがたっぷりで、ワイシャツはパリっと、ニットはふんわりと仕上げられるようになりました。
アイロンが好きになりました。上手にできると楽しいし。
これで1つ、苦手な家事が減りました。
アイロン (1)

関連記事:
お掃除の資格、キレイコンシェルジュ3級を取り、掃除の苦手感が減りました。
お掃除の資格 キレイコンシェルジュ3級合格
靴磨きも正しい手順と道具が必要だと知りました。
男の靴磨きWS

中村先生のアイロンの本を買おうと思ったら、どこも売り切れだったので、
図書館で借りて、今、読んでいます。すごく参考になりました。
古本でもいいから、欲しいって思ってるぐらい。
お近くの図書館に置いてあったら、ぜひ読んでみてね。

購入したアイロンはこれ。先生のブログでも紹介されています。
アイロン台もT-falのものです。講座で使ったものと同じものです。
ネットでは売られていなくて、アウトレットのT-falへ行って購入してきました。
無駄のない、シンプルなデザインで気に入っています。
アイロン台の方が高かったけど、カバーなどは替えが購入できるみたいなので、
長く使えそうですし、立ったままアイロンをかけることがポイントなんだそうですよ。
今まで座ってしていたから、立ったままのアイロンの快適さを実感しています。

コメント

  1. さくもえ より:

    アイロン台を準備するのが面倒だし、アイロンの必要な服も最近なく。でもアイロン台立ったままのほうがしやすく買い換えたいなと思っていました。アイロンも。ちなみにアイロン台はどちらのでしょうか?

  2. さくもえさんへ より:

    私もアイロン台を用意するのが面倒だし、アイロンの必要な服も少ないと思ってました。
    もともと綿100%や麻100%の服は好きじゃないですし、骨格スタイル的にも似合なくて。

    先生はジーパンにも子供のオムツにもアイロンをかけるそうです。
    図書館で借りた「魔法のアイロン上達本」は布団カバーとかバスタオルとかのアイロンの方法も載ってたんです。
    だから、アイロンが必要じゃないと思っているだけで、
    実は、かけられるものはかけた方が洋服が綺麗な状態を保てるのかなって感じました。

    アイロン台もT-falのものです。軽井沢のアウトレットのT-falに売られていると思います。
    直営店でしか取り扱いがないそうです。
    あとは、先生がおすすめしてくださったのは、ディノスと有本葉子さんのコラボしたアイロン台です。
    アイロン台のカバーが綿や麻でできたものがいいそうです。意外に、綿や麻でできたものって、ないんですよね。
    あっても、生活感が満載になりそうな柄入りのカバーだったり・・・

    まずはT-falのショップで触って検討してみてくださいね。

  3. コーヒーマダム より:

    こんにちは。
    私もアイロン気になってます!
    形状記憶に頼りきってましたが、ここ数年自己流でアイロンかけしていたので。

    ニットにもアイロン?!
    洗濯王子とアイロン王子は同一人物?!

  4. コーヒーマダムさんへ より:

    こんにちは。
    夫は、ワイシャツもすごくこだわるので、形状記憶のものを購入したことがないのですが、
    生地、デザインや色、生産国の選択肢が狭まりますよね。

    ぜひ、アイロンの基本を学んでみてください。
    こんなに苦手だった私が、1回の講座で、アイロンが好きになったんですよ。

    ニットもアイロンはマストですね。型崩れを防止できます。
    これは母が編み物をするので、ニットにアイロンは当たり前だと思ってましたが、
    私は、下着や靴下にアイロンをかけるイタリア人に驚きました。
    イタリア人はアイロンが好きみたいですよ。

    アイロン王子は初めて聞きましたが、たぶん、同じ人だと思います。
    30歳ぐらいの人ですよね? 中村先生だと思います。

  5. コーヒーマダム より:

    確かにお掃除と一緒で、正しいやり方を知らない…。
    アイロンも10年以上前のスチームもないようなものだし、正座してアイロンかけてるし、突っ込みどころ満載な予感。

    1回でアイロンが好きになる講座、ぜひ行ってみようと思います♪

  6. おやす より:

    さちこ姫さん、お久しぶりです♪
    初めてコメントさせていただきます^^

    アイロン台を新調したいと思っていたので、Good timingでした!
    アイロンが好きで、主人のトランクスにもかけているのですが(笑)、あまり上手ではありません。
    プロに習うことができるんですね!
    ニットにアイロンをかけた事がないので、是非やってみたいです!

  7. コーヒーマダムさんへ より:

    ある程度座面の高さがないと、アイロンをかけている時に、
    袖などが床についてしまい、せっかくピシっとなったのに、
    しわができてしまうことがあったり、
    立った状態でアイロンをした方があまり力を使わずにかけられるみたいですよ。

    1回の講座でアイロンが苦手じゃなくなるので、嘘みたいですけど、おすすめですよ。

  8. おやすさんへ より:

    コメントをありがとうございます。
    ここにもイタリア人がいらっしゃったとは。トランクスにアイロンをする方が少数派ですよ♪

    私は苦手な家事を減らしたいので、1つ1つクリアしていこうと思ってます。
    魚を下すこと、掃除、アイロンはとりあえず克服しました。
    次は、洗濯の染み抜きを勉強したいです。