紅茶のABC

今日、紅茶の基礎コースを修了しました。
アイスティーロイヤル


歴史から、淹れ方、ティーパーティーの開き方など、基本的なことを学びました。
おかげで、今、紅茶を飲むのが楽しいです。
お店で紅茶を注文する時、茶葉を買う時も、とっても楽しいです。

トップの写真はアイスティーロイヤルという飲み物。
お砂糖たっぷりの甘いアイスティーを作ります。
次に、生クリームを少し入れて膜を作り、最後にお好みの量の牛乳をそっと入れます。
そうすると、甘い紅茶と牛乳の比重が違うので、きれいな2層になります。
私は甘さを抑えて作ったため、写真を撮る時には紅茶とミルクが混ってしまいましたが…。

そういえば、最近なのかわかりませんが、今って生クリームも少量タイプが売ってるんですね。
牛乳パックと比較すると、小ささが分かりますよね? これ位の量で買えると便利ですね。
生クリーム

コメント

  1. とど2号 より:

    おはようございます。

    実は紅茶大好きなので、最近のエントリーを楽しく読ませて頂いてます。(アルコールも少し加えたり)

    お話から、今が幸せな瞬間っていう感じが伝わってきて、それもちょっとお裾分けして頂いている気分です。

    とど2号

  2. とど2さんへ より:

    こんばんは。
    アルコールを加えても美味しそうですよね。
    コーヒー教室に行った時はアルコールのアレンジを教えてもらったんですよ。
    紅茶だと、どうやってアレンジするんでしょうね。
    お酒を飲まないから、全然思いつかないですが…

    紅茶の基本を知ってから、紅茶を飲むと、今までとは違った楽しさが出てきました。
    勉強して良かったと思いました。