【指にトゲが刺った!】トゲより麻酔の方がよっぽど痛かった話

数か月前に右手の親指にトゲが刺さりました。今日はそのトゲを形成外科で取り出してもらった話をします。

スポンサーリンク

トゲが皮膚に埋まる

厳密にいうとトゲではなく、オーブンレンジの扉の内側の塗料片です。写真で分かるように、パリっと剥がれたものが親指に刺さりました。パリパリを抜き取ったつもりが、どうやら小さな破片が皮膚の中に埋まってしまったようです。

一向に出てこないトゲ

皮膚の再生と共にトゲが出てくると期待していました。しかし、何か月経っても全く出てきません。利き手である右手の親指に刺さったままなので、何かをつかむ度にチクっとするのです。

形成外科へ相談に行く

日常でのチクチクが小さなストレス。ずっと我慢してきたけど、このまま一生続くのも嫌だなと思い形成外科へ。

精密検査

「トゲを抜いてください!」とお願いしたところ、レントゲンとCT検査が必要とのこと。もしかして傷跡に痛みを感じているだけで、何も埋まってないのかもしれないし、抜くにしても正確な場所を把握してからじゃないと抜けないってことで。なんか、大ごとになってきたよ!

小さすぎて映らない

レントゲンもCT検査でも、トゲは映りませんでした。CTは0.5mm以上大きくないと映らないんだとか。にしても、検査され損だな。もちろん、検査してみなきゃ分からなかったことだから、仕方ないけど。

プチ手術を受ける

結局、普通に手探りで塗装片を取り出すことに。手に麻酔をかけてもらったのですが、先生が「結構痛いよ。」と何度も言ってくるんですよね。手には神経がいっぱいあるから、痛みを感じやすいとか、色々と小ネタをはさんでくる。おどされながらのプチ手術開始。

やはり、出てきたのは0.5mmにも満たない塗装片でした。縫うこともなく、ガーゼを当てることもなく、バンドエイドでおわり。傷口も小さく、ただの切り傷程度。こんな小さなものに、私は何カ月もストレスを感じていたのかと思うと、やるせない。

今回のトゲ騒動で学んだこと

麻酔の方がよっぽど痛い

今回のトゲ騒動で分かったことが2つ。トゲより麻酔の方がよっぽど痛い。我慢できる痛みではあるものの、麻酔の針が刺さった所が痛みます。今もズンズンする感じ。

家電製品は定期的に買い換えるべし!

家電の部品保有期間は8年。9年目のヘルシオは修理してもらえるか微妙なライン。塗装剥がれが始まった段階で、買い換えるべきでした。プチ手術にかかった費用が地味に痛い!その分、次のオーブンレンジの購入費用に充てられたのに。

おわりに

8年以上使っている家電をお持ちのあなた、私みたいに怪我をする前に買い替えましょう。麻酔と治療費のダブルパンチを味わいましたが、懲りずにまたヘルシオを買ってきます。だって、ヘルシオって便利なんだもん!

コメント