【南紀/和歌山県】大地の息吹を感じる南紀熊野ジオパークめぐり Vol.1(朝日を浴びた奇岩群の橋杭岩と日本最古の石造り灯台)

9月はじめの日曜日。急に思い立って、和歌山県の先っぽへ行ってきました。いつか行きたいと思っていた橋杭岩からスタート。日の出を拝みます。

橋杭岩 | 南紀熊野ジオパーク
橋杭岩

色んな形の岩がニョキニョキ。不思議な形ですし、なんだか神秘的。

道の駅 公式ホームページ 全国「道の駅」連絡会
全国「道の駅」連絡会 道の駅公式ホームページ 道の駅の最新の地域情報や、道の駅の魅力をお届けします。

優しいオレンジ色の光が綺麗でした。

夜中に走ってきたので、さすがに眠く、車の中(ベッド)で仮眠。起きたら、橋杭岩の様子が一変!こんな風になっているとは!

橋杭岩以外にあまり知っているところがなく、ツーリングマップルを頼りに観光することに。まずは樫野埼灯台へ。

樫野埼灯台
大島の東端、樫野の断崖に日本最古の石造り灯台が今も活躍しています。 現在は自動点灯の無人灯台で内部は非公開です…

日本最古の石造り灯台なんだとか。最古って響きだけでワクワク。

能登半島では日本最古の木造灯台を見に行ったよ。

想像より大きかったです。能登半島で見た木造の灯台がかなり小さかったので、余計に大きく感じました。

明治3年と書いてありますね。

灯台の周りをぐるっと歩きます。

どの角度から見ても美しいですね。

移動して、海が見える場所で朝ごはん。

さらに移動。寄り道ジオサイト、恋人岬から見下す黒島です。夫婦波と呼ばれていて、両側から打ち寄せる波が面白いですね。この場所を眺められるカフェがすぐそばにあるのですが、テラス席はわんこOKでした。いつか犬連れをする日が来たら、その時にお茶でもしたいです。

BUSH (見老津/カフェ)
★★★☆☆3.08 ■予算(夜):¥3,000~¥3,999
黒島 | 南紀熊野ジオパーク
黒島

コメントをどうぞ!