南アルプスの隠れ里 和みのキャンプ Vol.2

キャンプ場の管理人さんに、「ゆっくりしていってくださいね。」と言われた通りに、
ゆっくり過ごしていたら、チェックアウトが13時過ぎになってしまった。
冬至に近いこの時期は、のんびりし過ぎると遊ぶ時間がない。日没は16時半。あと3時間ちょっと。
よし、今回のキャンプは観光はなしだ。温泉と美味しいごはんコースに変更。
わんこ的には、ちょっとつまらないかもしれないけど。
和み2 (2)
にほんブログ村 アウトドアブログ 犬連れ・猫連れキャンプへ
にほんブログ村


本当は赤沢宿へ行きたかったんだよね。でも、一番行きたかったのは奈良田地区。
そこへ通じる道は1本、くねくねの山道だったのに、綺麗な道やトンネルが出来ていました。
それ以外はあまり変わっていなくて良かったけど、なんだか、秘湯感が薄まった気がする。
そして、大きな変化は、奈良田に古民家カフェが出来ていた。
和み2 (1)

早川の周辺地域が2014年にユネスコエコパークに登録されたそうで、
古民家の土間スペースで、エコパーク関係の展示がありました。
知っている場所や行ったことのある場所が多く、とても面白い展示でしたよ。
和み2 (6)

ユネスコエコパークとは自然と人間社会が共生できているモデル地域のことだそうです。
日本には7か所あり、早川以外に私のお気に入りエリアが2つも入ってました。志賀高原と福島県の只見。
志賀高原は有名だけど、早川や只見はたくさんの観光客が訪れるような場所ではないから、
その隠れた素晴らしさが世界に認められるのは嬉しいな。
和み2 (3)

このカフェ、ちゃんと地産地消してるの。
西山集落で作っている西山いんげんのチリコンカン。
県内産の豚で作られたハム入りのフラン(洋風茶碗蒸し)。
和み2 (4)

紅茶は雨畑地区で作られた雨畑紅茶でした。
癖がなく、さっぱりしているので、食事と一緒でも良さそう。
和み2 (5)

過去2回は町営の温泉でしたが、今回はちょっとリッチに旅館の立ち寄り湯。
久しぶりの奈良田のお湯は、すごかった。化粧水に浸かっているかと思ったほど、ヌルヌル。
過去に入った温泉の中で断トツでヌルヌルなんです。やっぱり、奈良田は最高の湯だ。
和み2 (11)

続けて、西山温泉。ここも源泉掛け流し。
洗い場がユニークなのが印象的で、もう1度入りたいなと思い立ち寄りました。
正直、奈良田の前に入っておけば、良かったなというのが感想です。
すごくいいお湯なんだけど、順番を間違えました。みなさんは、西山→奈良田の順で湯巡りしてね。
和み2 (7)

東名経由で素直に帰ろうと思ったのに、思い出してしまったんです。
桜エビの秋漁は10月下旬から12月下旬まで。これはスルーできない。
ということで、由比へ寄り道。くらさわやにて、生桜エビです。甘くて美味しい。
和み2 (8)

かき揚げ。サクサクで香ばしく甘い。美味しい。
和み2 (9)

最後は釜飯。帰り道に、桜エビの秋漁のこと、思い出せて良かった。これを逃したら、次は春。
みなさんも、桜エビ、食べたくなってきた? 今年の秋漁は12月25日までだそうですよ。
他の時期は冷凍だから、生を食べるなら、あと1週間です。
和み2 (10)

これにて、和みのキャンプレポ、おわり。
撤収してからのミューたちの写真はないけど、ずっと一緒にいましたよ。
ちょこちょこオサンポする程度でしたが。
次回のおでかけは、ミューたちとたくさん遊ぶ予定です。
にほんブログ村 アウトドアブログ 犬連れ・猫連れキャンプへ
にほんブログ村

南アルプスユネスコエコパークの公式サイトです。

早川の雨畑湖の周りには吊り橋がいっぱい。吊り橋好きは訪れるべし。

コメント