ココモの手術

6月末、ココモが肥満細胞腫の摘出手術をしました。
koko


肥満細胞腫は、肥満だからなる病気ではなく、シニア犬に多い、皮膚のガンです。
詳しくは、ここを読んでください。

気になる歯があったので、その手術(全身麻酔)をするためだったのですが、
腹部にしこりを発見し、針でチクっと細胞診検査をしたら、
肥満細胞腫というガンだと分かり、急遽、肥満細胞腫の摘出手術となりました。
メインだった、歯の治療とスケーリングはおまけになりました。

手術は無事終わりましたが、術後の回復が悪く、傷口は直っていくものの、
漿液が傷口の下でたまっているので、ドレーン(ストローみたいな管)を通し、
体外へ排出させていました。なので、抜糸までに3週間かかりました。
今はすっかり元気ですよ。

グレードは2でした。腫瘍自体は切除されていますが、
再発・転移が起こる可能性はないとは言えませんので、要経過観察です。
ココモの場合、抗がん剤の投与の必要はなく、普段通りの生活を続けます。
この病気は、予防が難しく、早期発見が大切です。
小さなしこりを見つけたら、虫刺されかな?なんて様子を見ようとせず、
すぐに細胞診検査を受けてください。それが早期発見につながります。
(麻酔なしで、チクって針を刺すだけでの簡単な検査です。費用は数千円です。)

ココモ9歳、ミューはもうすぐ10歳。
去年の11月から、最低でも月に1回以上は獣医さんに通うようにしていました。
ほんの小さなことでも、様子見はせず、気になったら、すぐに診せに行く、
これを心がけていたので、私が見落としていた、ココモの腹部のしこりを先生が発見してくれました。
グレード2でしたが、頻繁に先生に会いに行っていなかったら、グレード3になっていたかもしれません。
まだ体力的には足腰もしっかりしているけど、着実にシニア期に入っているんだと感じました。
これから、あちこち何かサインが出てくるかと思いますが、
早期発見をするためにも、オサンポがてら獣医さんに会いに行こうと思います。
2匹とも、先生や看護師さんたちが大好きですし、嫌な場所だと思ってないのが幸いです。

久しぶりの更新となりました。

コメントをどうぞ!

  1. コモモちゃんよく頑張りましたね。
    そして早期発見こそ大切、ということがよくわかりました。
    大切な家族、1日でも長く楽しく一緒に過ごしたいですよね。

  2. ココモちゃん、早期発見で良かった^^
    病気だったんですね・・・・

    いつも素敵な写真で見ていたので
    心配しました。

    笑顔が一番!

  3. コメント、ありがとうございます。
    わんこは話せないから、早期発見が大切だということを学びました。
    1日でも長く健康でいて欲しいです。

  4. そうなんです、腫瘍が見つかりました。
    近場には出かけていたのですが、
    なんとなく、ブログを更新する気分ではなくて…
    少し写真が溜まっているので、ちょこちょこ更新していこうと思います。

  5. ワンコも歳を取ると色々出てきますよね。
    これからも楽しい毎日を過ごして、ナチュラルキラー細胞を増やして免疫力をアップするのだ!
    まだまだ心配なことも多いと思いますが、沈んだ顔をしてると、ミューちゃんココモちゃんが感じ取ってしまうので、まずは幸子姫さんが笑顔で!

  6. まさかの癌でした。
    7歳でシニア期と言われ、全然実感がなかったのですが、
    9歳になって、ミューもココモも歯が弱くなってきて、
    ようやくシニア期に突入したなって思ってたんですよ。
    そしたら、癌ですよ…びっくりしました。

    ナチュラルキラー細胞を増やします!!
    ハッピーは伝わりますよね。笑顔を忘れず、楽しい日々を送るよう頑張ります。

    コメント、すごく嬉しかったです。
    それと、メイちゃんの成長日記、これから楽しみにしています。

  7. こんにちは。

    ココモの獣医さんが見つけてくれて良かったです。早期発見で本当によかったです。
    月一回の検診でうちの獣医さんも変わったことはないですか?くらいなかんじで全身くまなく触るわけでもありませんので飼い主の日々の観察と発見がとっても
    大切なんだと改めて思いました。なかなか小さいものは見逃しちゃいますよね。。。

    術後のウエアなんかな?伸びやすい生地で
    とっても着心地良さそうですね☆

  8. メッセージ、ありがとうございます。

    確かに、こちらから何か言わないと、触ってくれない獣医さんもいますね。
    そうなんですよ、虫刺されなのか、おできなのか、しこりなのか、よく分からないこともありますし。

    術後ウェアは、伸縮性のあるガーゼみたいな生地です。
    筒状になっていて、ハサミで首と足とお尻の部分を切り抜きます。
    上手な人が切ってくれるとフィットしてくれるんですが、
    下手な人が切ると、すごく着心地が悪そうでした(笑)。
    オフショルダーになるんですよ…

  9. こんにちは。大変お久しぶりです。
    クノンも春頃同じように腫瘍を見つけ手術しました。前脚の先端に近い箇所だったので、皮膚が伸ばせるギリギリの範囲での切除となったので、ずっと再発が心配です。。
    御散歩のとき、家での過ごし方、いろんなシーンでシニアになったなー、と感じます。
    お互い、ワンコの健康、守っていってあげたいですね!

  10. こんにちは。お久しぶりです。
    キャンプは行かれてますか?

    クノンちゃんも、腫瘍があったんですね。
    足だと、皮膚を伸ばすのとか、大変でしたよね。

    ミューもココモも遊ぶ時はめいっぱい遊びますが、
    その後、寝てばかりなので、シニアだなって思うことがありますよ。

    健康で長生きして欲しいですね。