あの山を越えて No.4

コンパクト化計画によって、ジベタリアンになりました。
トースト


ベーコンを焼く時も、足でガード。
ベーコン

卵を割る時だって気が抜けない。それにしても、あらためて自分の足を見ると・・・フトイ。
卵

食事用のイスもこんなに小さくなりました♪ 
リラックスチェアは、別にある。そこだけは、コンパクト化していない。譲れない部分なのです。
焚き火

最終日は、お天気がイマイチ。富士山が見えるだけでも、よしとしますか。
天気

くるっと一周することに。
ココモ

対岸まであっという間に到着。意外に小さい本栖湖。
カヤックを始めた5月は、本栖湖って大きいなって思ってたけど、
この夏、精力的に色んな湖へ出かけ、知らない間にパドリング力をつけてきたのか、
ちょっと単調な本栖湖に、もの足りなさを感じてしまいました・・・。
ただ、他の湖に負けないことが2つ。透明度と日本一の山を望めること。
これがあるから、本栖湖は、やっぱり本栖湖なのよね。
休憩

カヤックを湖においておき、レストランでランチ。
お昼

体がぽかぽかの内に、キャンプ場までカヤックで戻ります。
風がすごく強くてパドリングが大変だったのに、キャンプ場近くは穏やかでした。
サイト

撤収作業をしていたら、ようやくお日様が顔を出してくれました。
本栖湖の紅葉は、こんな感じなのかな?それとも、もっと赤くなるのかな?
紅葉

最後の1枚は、綺麗に撮れた富士山。2日目の午後に撮りました。
富士山

キャンプをはじめて1年1ヶ月が経ちました。
キャンプ自体にも随分慣れ、今ではキャンプは目的ではなく宿泊手段となりつつあります。
夏はカヤック、春と秋はカヤックまたはハイキング、冬はスノーシューなど、
遊びをメインとしたキャンプライフを送りたいと思っています。
そのためにも、コンパクト化計画を続けて、フットワークの軽いキャンパーになりたいな♪

コメント

  1. たつごろう より:

    バロン家とは入れ違いの本栖湖パドだったんですね~。

    昔、クロカン四駆に乗っていた頃は、よく林道なども行きました。
    ダートだと、あまり普通の観光客は入ってこないし、人も少ないので、山の中でボーーーっとするのが好きでした。
    普通の観光地などに行くより、思いがけず素敵な風景(紅葉なども!)に出逢えたりするのが嬉しいんですよね。
    そんな昔を思い出させてくれたレポでした。

    ふふふ。
    幸子姫さんとこもコンパクト化計画ですか。
    やっぱりカヌーなどのアクティビティも楽しむようになると、変わってきますよね。キャンプスタイルも。

    我が家も、最初は「あれもこれも」持って行って、「これぞオートキャンプ!」てな感じでした(笑)
    スクリーンタープに食事用テーブル+キッチンテーブル、ダッチオーブンx2に、焚き火台x2に、二人なのにチェアも4脚、コットなども。
    まぁ、最初はそれが楽しくて仕方がないんですよね。
    それが、段々と・・荷物満載の大名キャンプに辟易としてきちゃって。。
    今も別に究極のコンパクトスタイルにはほど遠いですが、だいぶコンパクトになってきました。
    必要なモノを必要なだけ持っていく感じ。
    もちろん、サイズや重さのコンパクト化もしましたが。
    やっぱり、幕体のコンパクト化が大きいですね~~。

    目指せ「ライト&ファースト」です。

    焚き火テーブルも買ったんですね。
    あれはユニの大ヒット作ですな。我が家は、三つ持ってますよ。
    ちょい重いのが難点だけど、三つ持っていってもコンパクトよね。
    でも、マイチェン前のバージョンの方が良かったなぁ~・・・
    知ってます?天板のエンボス加工が、新しいのだと細かくなっているんですよ。
    滑りにくくなってはいると思うのですが、汚れが前より落ちにくくなっているような・・?
    オイラ的には、前の方が好き。(誰か、古いやつと新しいやつと交換してくんないかなぁ?)

  2. マロン より:

    CMで見て直火で焼くパンがとっても美味しそうに見えたんですよね~
    やっぱり美味しそう!
    景色も富士山も綺麗!
    富士山に雪、見えないですね~

  3. goopee より:

    ついにコンパクト化に挑戦ですね♪
    我が家のグッズは、もともとkooがソロツーリングキャンプが出来るようにと
    コンパクトにパッキング出来るものから買い始めたんですが、
    幸子姫さんのところと逆で、最近どんどん物が増え・・・
    スノーピークは結構大きくて重いですよね?
    ・・・ということは、もしかして次のテントはソロ×2かしら?(^ー^)

  4. たつごろうさんへ より:

    未舗装だと、ホント、人に会わなくていいですよね。
    道の真ん中に車を止めても迷惑にならないし!
    観光地では出会えない思いがけない素敵な場所もあったりしますよね。

    はい、コンパクト化計画です。
    カヤックを始めてから、ずっと何とかしたいと思ってました。
    テントを設営していても、早くカヤックがしたいって
    気持ちがすごい焦ってしまいます。

    幕体も変えます。新しいシェルターが手元に届きました。
    テントは、今、検討中です。

    今使っているものもと新しく買ったもの、時と場合によって使い分けていきたいと思います。
    せっかく買ったし、どれもこれももっと長く使えるものですしね。

    焚き火テーブル、やっぱり汚れが落ちにくいですよね。
    拭いても拭いても汚れが落ちなくて・・・あの表面の加工は滑りにくくていいのですが、汚れが・・・。
    でも、あれは、ホント、いいテーブルですね。

    「ライト&ファースト」その通りです!いずれは、わん連れバックパッキングキャンプをしたいなって思います。
    高い山は無理だけど、低い山や歩いてしかいけないようなキャンプ場へと。

  5. マロンさんへ より:

    普通のパンなんですけど、直火で焼くと、何だか美味しく感じましたよ。
    マロンさんも、夏にキャンプされますよね!
    その時に、ぜひ、パンを焼いてみてくださいね。

    富士山は、薄っすらと雪が積もっているところがあったのですが、
    写真で見ると、分かりずらいですね。
    温暖化の影響なのか、本栖湖の紅葉も、まだ早かった気がします。

  6. goopeeさんへ より:

    ソロツーリングキャンプってことは、kooさんはバイク乗りなんですね。
    それだったら、コンパクトなグッズもいっぱいお持ちですね!

    私たちはキャンプ目的のキャンプであれば、今の荷物で特に問題はありません。
    でも、カヤックを始めてから、キャンプは宿泊の手段になってしまい、
    テントの設営は早く終わらせたくて。その分、カヤックをしたいなって。

    スノーピークのものは、大きいし、重いです。
    ただ、他社のものに比べると、丈夫だし、タープの場合は冬の寒さや風からも強いと感じています。
    それに、永久保証っていうのも、ありがたいです。
    だから、今後も、カヤックをしない時はSPアイテムを使い続けます♪

    ソロテント×2はしません。重さもコンパクトさも欠け、設営も面倒くさいので、2人用×1にしますよ。
    軽くて、コンパクトで、かつ、見た目のカッコいいものを。
    見た目もかなり重要なんです♪ なんか、いいのないかなぁって物色中です!

  7. くるみまま より:

    着々とコンパクト化にされているようですね~。
    ウチもユニの焚き火台テーブル使ってますよ。
    ほぼ、コレだけです。
    でもちょっと重い・・・。
    もうちょっと軽いのを捜索中です!
    それにサーマレストも愛用中よ♪
    ゴツゴツした地面でも、全然痛くないし、優れものですよね♪
    テント泊登山を経験して、山登りの人が持っている道具の軽さ&機能性には驚きでした。
    軽量&コンパクトにするなら、やっぱり山道具屋さんですかね~。
    テントも山の2人用だと、2㎏もしないですよー。
    それに設営も超簡単!!幸子姫さん好みが見つかるといいですね。
    ウチも、来シーズンは念願の野反湖キャンプをしたいから、コンパクト化にしないとかなぁー。

  8. きんじ より:

    Simple it the BEST!ですね~。
    軽量化するとその分、遊びやまったりタイムが増えますもんね。
    ウチもあれこれ買いましたが、コレ要らないんじゃないの?ってのがチラホラ(笑)
    でも、リラックスチェアはウチも必須です。
    先日発売になったColemanのウレタン入りリラックスチェア~買っちゃいました。
    今までのに比べてお尻が冷たくならないのでお薦めですよ~♪
    >あらためて自分の足を見ると・・・フトイ
    どこが~??
    私の大根足に比べたらぜーんぜんデスよ!(~△~;

  9. 焚き火テーブルは、確かに、少々重いかもしれませんね。
    ただ、今のところ、私たちは問題ないです。
    前のIGTが重すぎたので、軽く感じるぐらいです。
    くるみままさんが次に選ぶテーブル、参考にさせてくださいね。どんなテーブルなんだろう!!

    2人用のテントって、1.5kg前後ですよね!今、どれにしようか悩んでいます。
    まずはシェルターを実際に使ってみて、その後にシェルターに合うようなテント選びをしようと思ってます。

    登山の方みたいな究極のミニマムキャンプはできないけど、
    快適で楽しいコンパクトキャンプを目指して行きます!

    野反湖、私たちも行きたいと思ってます。湖畔近くで設営できるんでしたよね!?
    駐車場から10分だから、そんなに大変じゃなさそうだし、
    ロケーションも魅力的ですよね!

  10. シンプルキャンプ、原点に帰ろうと思います。
    なければ、ないで済むんじゃないかって思うこともありますしね。

    コールマンのチェア、オリーブにしました?
    私も、あれは可愛いなって思いましたよ!
    私たちは、ブルーリッジのイスを買いました。
    まぁまぁのすわり心地でした。コールマンの方が良さそうだな。