【飼い主の犬アレルギー】プラッキング(下毛をナイフで抜く)はアレルギー対策につながっていた話

久しぶりにわたくし、犬アレルギーの症状が強く出ました。朝起きてから、くしゃみと鼻水、目もかゆい。呼吸も苦しい。頭もボーっとする。

原因はたぶんココモのバリカンカット。今までは、プラッキングでアンダーコートを抜いてもらってたけど、バリカンはただ短くするだけ。死毛が家中に細かく舞ってるんだと思います。

症状が治まるまで、ベランダで過ごすことに。少し汚れていたから、ベランダを急いでタワシと水でお掃除して、結局夕方までいました。お昼ごはんも外で。なんだか、1人ベランピングな気分。過ごしやすい季節で良かったけど。

何気にココモにしてあげていたプラッキングは、私のアレルギー対策だったんだと実感。

ブラシお手入れ

バリカンで短くしても、レーキングは自宅でまめにやらないといけないですね。

コメント