【開催報告】Zoomイベント「第2回 シニア犬との幸せな暮らし方」

先日に続き、 クローズドな募集をかけて、Zoomイベント「シニア犬との幸せな暮らし方」を開催しました。

今回は年齢制限を取り払い、何歳でもOKとしたので、11歳のシュナちゃん、3歳のミックスちゃんの飼い主さん2名にご参加いただきました。

nature animal dog pet

3歳で介護?と思われる方もいるかもしれませんが、若いうちに終わり(介護)を知ることはすごくメリットだと思います。健康寿命を長くするために今から出来ることが分かります。何もせずに漫然と過ごしているのとでは大違い。もちろん、10歳を過ぎていても今からできることはたくさんあります。とにかく介護を前向きに捉えて欲しいです。

シニア犬ライフ入門 エイムック
ヘリテージ
Kinde Unlimited対象です。最近読んで良かった本!
シャンプー 犬

今回のイベントで私がお話したことが、少しでも今後のお役に立つことができましたら幸いです。

コメントをどうぞ!

  1. イベント、楽しく参加させていただきました。
    どうもありがとうございます!

    あるあるだな〜、と思ったのは「様子見」です。
    実は大河の結膜炎がなかなか治らない!
    日曜日に行きたくていつもと違う病院へ行ったのですがダメかな?

    いつもの病院だったらこんなに長引かないのに、と
    昨日は早速いつもの病院へ行ってきました。
    あと、歯医者さんも予約しようと思っています。

    • 様子見、あるあるですよね。何故か素人なのに症状を軽く見てしまいがちなのですが、老化なのか病気の初期症状なのか判断が難しいです。簡単な検査で分かることがあるので、気になったら、獣医さんにまずは相談をしてみるのが良いと感じています。聞くだけならタダですし^_^

      それと、以前、ココモの目の角膜に傷がつき、治りが遅かったことがあります。処方してもらった一般的な目薬が合わなかったようで、ココモの血液から作る血清点眼を作ってもらったところ、すぐに治りました。もし治りが遅かったら、目薬が合ってない可能性もありますよね。早く治るといいですね!

      血清点眼とは
      http://www.hanazono-ganka.jp/sp/original6.html

      犬の角膜潰瘍について
      https://www.fpc-pet.co.jp/dog/disease/34