【メルカリ改悪】振込手数料が有料、だったらメルペイからSuicaへチャージ

PC, Mail

メルカリユーザーさん、金曜日に「振込申請ルール変更予定のお知らせ」のメールが届きましたね。振込手数料が有料化、ついに来たか!って感じですよね。

 

この春より、振込申請のルールが変更となります。振込申請とは、売上金(またはメルペイ残高)をお客さまの銀行口座に振り込むことができる機能です。2019年4月23日(火)15時より、売上金(またはメルペイ残高)を振込申請していただく際の振込手数料が以下のように変更となります。

【変更前】2019年4月23日(火)14:59 まで
通常振込 210円
お急ぎ振込 410円
※申請金額が10,000円以上の場合、振込手数料がかかりません
※211円以上の売上金(またはメルペイ残高)があれば振込申請が可能です

【変更後】2019年4月23日(火)15:00 より
通常振込 200円
お急ぎ振込 400円
※申請金額が10,000円以上の場合も振込手数料がかかります
※201円以上の売上金(またはメルペイ残高)があれば振込申請が可能です

 

メルペイの売上金のチャージ手数料は無料。この誘惑に負け、私もメルペイを始めることにしました。といっても、すでに楽天ペイ、PayPay、QUICPay、モバイルSuicaの4種類のスマホ決済を利用している身として、これ以上Payサービスは増やしたくない。もちろん、iDとして使うのもアリですが。

 

 

ということで、メルペイはモバイルSuicaへチャージするためのスマホ決済として利用することにしました。ビューカード系クレカを持ってないので、私にとってはモバイルSuicaのメリットが少ないんです。私のクレカだと、チャージしてもポイントが付与されません。モバイルSuicaは、バス・電車とSuicaしか使えないお店で使うくらい。

 

 

チャージしてもポイントが付与されないモバイルSuicaを有効活用するべく、メルカリの売上金をモバイルSuicaへチャージしちゃおうって訳。まずは売上金をメルペイへチャージ、そして、メルペイからモバイルSuicaへチャージ。少し面倒くさいけど、振込手数料を気にしなくてもいいし、モバイルSuicaのチャージ分のポイントが付かない問題も気にならなくなったし(以前はチャージ分もポイントが付与されていた)、メルペイって案外いいかもね。

コメント