【メルカリの出品ストレス】値下げ交渉をさせない方法

最近メルカリの記事を書いているからなのでしょうか、招待コードを利用してくれる方が2週連続でいらっしゃいました。いつもありがとうございます。

 

私の招待コード MMTHNB

 

 

今日はメルカリの出品側のストレスポイントになることが多い、購入希望者からの値下げ交渉について私の対応策をまとめます。値下げ交渉をされるのが苦手な人はぜひ読んでくださいね。

 

スポンサーリンク

メルカリは値下げ文化

メルカリはコメント欄にて値下げ交渉をする文化があります。購入希望者は挨拶代わりに、とりあえず値下げ交渉をしてくる人が多いです。そのため、出品側は値下げ交渉を前提に値付けをする人が多いのも事実です。

 

ですが、取引の9割が出品側の私が正直に言います!値下げ交渉は面倒くさい。ちゃんと手数料と送料と自分の取り分を考えて値付けしているので、特に1,000円以下の商品に対して「要求ばっか!こっちの取り分を考えてないでしょ?」とイライラしていました。(過去形です。今は違います。)

 

売れにくくする一言

このように値下げ交渉がすごく嫌いなので、私は出品の商品説明欄に「値下げ交渉不可」と書いています。これ、売れにくくする一言なんだそうですが、そんなこと気にしません!

 

心配しなくても売れるから!

小さい財布 薄い財布

だって、売れるものは売れるんですよ。自分の売りたい値段で売れるんです。いちいち値引きに応じなくても、提示価格に納得してくれる人に売れれば良くないですか?嫌な思いをしてまで売る必要はないのです。

 

再出品する

デスクトップ ペン 女性

その一言とは関係なく、出品しても売れないことがあります。でも、それは人目に付いてないだけかもしれません。そんな時は面倒ですが、再出品しましょう。これで私はすぐに売れたことが何度もあります。

 

自分のタイミングで値下げ

たくさんの「いいね!」があっても売れない場合は、自分のタイミングで値下げをしていきます。ほんの少し値下げをするだけで売れることがあるからです。

 

季節と需要の関係

いくら値下げをしても売れないのであれば、季節を変えて再出品するとすんなり売れることがあります。または、そもそもその商品は需要がないのかもしれません。見極めが難しいですが、「いいね!」と閲覧数と出品期間で判断してください。

 

メルカリ出品は自分本意に!

メルカリ出品のストレスを減らすコツは、私のように自分本意に出品欄に「値下げ交渉不可」と記載することです。自分本意とは、自己中心的、自分勝手でもなく、自分本位でもありません。本意、つまり自分の気持ちを優先することです。私はメルカリ文化(値下げ文化)を受け入れません。嫌なものは嫌なんです!

 

おわりに

たった一言ですが、「値下げ交渉不可」と書くだけでストレスがぐっと減ります。ぜひ、あなたも自分本意にストレスフリーでメルカリを活用してくださいね!

コメント

  1. まな より:

    メルカリ民って説明文読まない人多くないですか?
    値下げ不可と書いてるのに、不躾ですが〜と30%以上の値引き要求をしてくる人、私良く遭遇します。

    前に3日間連続で値下げ要求されて500円程値下げしました。そこまで気に入ってくれたのならいいよと思って。
    数カ月後何気なくその人の出品画面を覗くと、1.5倍の値段で売りに出しててたまげましたよ。

    あぁ私メルカリストレス溜まってますね 笑

    • simplecampwithdogs simplecampwithdogs より:

      すごい人たちですね。私は500件の取引がありますが、まだ遭遇してません。そんな人たちが来たら、私、速攻でブロックしますよ。まなさん、優しいのよ。私はコメントで細かいこと聞いてくる人さえもブロックしますよ。新品同様を求める人に買われたら、評価下げられる可能性が出てくるので。もっと他人に厳しくいきましょう!