【おすすめプロテイン】美容目的にも!人工甘味料不使用のシンプルなプロテイン

先日、iHerbのお取り寄せ記事で、プロテインのことに触れました。今回の記事は、私が愛飲しているプロテインをご紹介します。どのプロテインにしようか迷っている人は、私のおすすめを候補に入れてみてください。

美髪・美肌を育てたい人にもプロテインはおすすめ。その理由は、下記リンクを参照してください。

女性にこそ飲んでほしいプロテインの選び方・飲み方 | GronG(グロング)
プロテインといえば男性やトレーニングをしている方が飲んでいるイメージをお持ちではないでしょうか。実は、モデルさんや美意識の高い女性の間でブームになっています。こちらのページでは、「女性にこそ飲んでほしいプロテインの種類や選び方、飲み方」などについて、管理栄養士が女性目線で解説しています。
スポンサーリンク

小食も大変なのよ!

私は小食のため、1度に量を食べることができません。間食を工夫して、少しでもタンパク質を摂るようにしているのですが、目標量を食べ物だけで摂るのは大変です。そこでプロテインパウダーの出番。足りないタンパク質をプロテインで補ってもらう作戦です!

甘味料・香料・保存料・着色料無添加

私が飲んでいるのはこれ。GronGのWPIホエイプロテインのナチュラル味。特徴は人工甘味料・香料・保存料・着色料無添加。しかも、天然の甘味料さえ入っていません。

GronG(グロング) ホエイプロテイン100 WPI CFM製法 人工甘味料・香料無添加 ナチュラル 1kg
GronG(グロング)
GronG(グロング) ホエイプロテイン100 WPI CFM製法 人工甘味料・香料無添加 ナチュラル 1kg

原材料はたった2つ

どれだけシンプルなプロテインかというと、原材料は「乳清たんぱく(乳成分を含む)/乳化剤(大豆由来)」の2つ。たったこれだけ!

しかも、2,500~2,900円と安いんです!テレビショッピングみたいだけど・・・。WPIは結構高いんですよね。グリコや明治のWPIだと1㎏4,000~5,000円以上しますよね。ビタミン類も添加されているので一概に比較はできないけど。

プロテインの種類とは?違いと特徴を理解して適切なプロテインを選択しよう! | GronG(グロング)
プロテインには種類があることをご存じでしょうか?プロテインは大きく分けて3種類「ホエイプロテイン」「カゼインプロテイン」「ソイプロテイン」があります。こちらのページでは、プロテインを選択する際に参考にしていただきたい「プロテインの種類」に関して解説しています。

飲み方はお好みで!

このナチュラルタイプは、水に溶かして飲むと粉ぽいので、豆乳に溶かして飲みやすくしています。どろっとした豆乳になるだけで、味は変わらず豆乳。反対に豆乳で割るデメリットは、消化に時間がかかり、タンパク質の吸収速度が落ちます。私はそこまで気にしないけど。

また、ナチュラルは全く甘くないため、飲みにくいと感じる方もいることでしょう。甘酒や野菜・フルーツジュースを少し加えてみても良いですね。ただし、飲む点滴と言われる甘酒もジュースも糖質が高いので、ほどほどに。

スポーツドリンクは添加物、人工甘味料たっぷりなので、無添加のプロテインが台無しになるのでやめておきましょう!

豆乳で各種プロテインを割ることによるメリット・デメリット | GronG(グロング)
「毎日プロテインを飲んでいると飽きてきた」という方も多いことでしょう。プロテインの割り方について調べていたときに目にした「豆乳」というワード。こちらのページでは、豆乳の栄養素に着目して、プロテインと一緒に摂取するメリット・デメリットを紐解き、安全に活用できる方法を紹介しています。

プロテインはサプリ

朝ごはんにグラノーラと牛乳、ランチにパスタ、バランスよく食べるのは夜ご飯だけという人いますよね?それ脂質&糖質過多、かつタンパク質不足かもしれません。プロテイン摂取の前に食事の内容を見直しをしてくださいね。プロテインはあくまでもサプリです。とりあえず飲んでおけばいいってものではありません。ましてや、飲めば筋肉が付く魔法の粉でもありません!足りない量のタンパク質を補うことがプロテイン摂取の目的ということを認識しましょう。

プロテインを飲むと太る?

食事の見直しやサプリとしての利用も分かったけど、「プロテインを飲むと太るんでしょ?」って思ってますよね?いいえ、プロテインを飲んでも太りません。そりゃ、1日に大量に飲めば太るし、割っている飲み物にカロリーや糖分が多ければ太りますが、プロテインを適量飲んでいるくらいでは太りません。単純に他に何か食べているはず!

ヘルシーだと思って積極的に食べているフルーツ、グラノーラ、ヨーグルト、野菜(フルーツ)ジュース、甘酒なども摂りすぎたら太ります!プロテインで太ったと感じるのであれば、自分の食習慣を疑ってください。そこに太る原因が隠れている可能性があります。

「プロテインを飲むと太る」は本当か? | プロテインの読みもの
プロテインは。日々スポーツや筋力トレーニングを行う人が摂取するものとして認識されていましたが、近年では老若男女問わず、身近に手軽に摂取できるものとなりました。そのためプロテインを摂取することで「太る」のではないかと心配されている方が多いようです。こちらのページは、プロテインと「太る」の関係性について言及しています。

おわりに

以上、私のおすすめプロテインでした。食事からタンパク質をしっかりと摂った上で、ご自身に合うプロテインを飲んでみてくださいね。では、素敵なプロテインライフを!

コメント